2010年01月22日

裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及−守秘義務に触れる? ・大阪(時事通信)

 大阪地裁で審理された強盗致傷事件の裁判員裁判で、杉田宗久裁判長は15日、被告の男(24)に執行猶予付きの有罪判決を言い渡し、「裁判員には実刑の意見があった」と異例の説諭をした。各地の裁判員経験者らの記者会見で、守秘義務違反の恐れを理由に裁判所側が発言を制止する例が出ている中、議論を呼びそうだ。
 裁判員法は、裁判員と裁判官が判決を話し合う評議の経過や各人の意見に守秘義務を設けている。裁判員経験者が違反すれば懲役や罰金の刑罰が規定されているが、裁判官には罰則がない。
 被告の男は書店で万引きを見つかり、店員の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして強盗致傷罪に問われた。起訴内容を認め、実刑か執行猶予かが争点だった。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」
釈放の男性3人を不起訴=時効直前の強盗事件
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑

<プレゼント>新刊「もし、46歳でまさかの収入ダウンになっても手堅く稼げるお金儲けの本」を10名に(毎日新聞)
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
NHKのエスカレーターで転倒、中学生8人軽傷(読売新聞)
<陸山会土地購入>石川氏2.8億円「寄付なかった」(毎日新聞)
絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
posted by タカヤ ヒデオ at 02:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。