2010年05月19日

JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)

 JR西日本は17日、安全性を向上させた新快速用の新型車両「225系」を報道陣に公開した。新快速の車両を新しくするのは約14年ぶりで、今年度中にも京阪神エリアに投入する。
 225系は600人を超える死傷者を出したJR福知山線脱線事故の教訓を生かし開発された。衝突時の安全性を高めるため、先頭車両の前面下部を強化し、相対的に強度の弱い上方に衝撃を逃がす構造を国内で初めて採用。現在の223系に比べ、衝撃加速度を半減できるという。
 また、つかみやすいように大型化したつり革は、1両当たり約80個から約130個に増やし、色は目立つようにオレンジ色に統一した。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔写真特集〕JR福知山線脱線事故
遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい
「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会
安全誓い、冥福祈る=遺族「二度と起こさないで」

長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
<沖縄>平和行進スタート 名護市長も出席(毎日新聞)
三社祭でスリ「体力衰え、雑踏転向」の70歳(読売新聞)
<環境教育セミナー>「生物文化多様性とアニミズム」テーマに 6月5日開催(毎日新聞)
posted by タカヤ ヒデオ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。