2010年04月05日

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)

 長野県の諏訪大社で6年に1度の「御柱(おんばしら)祭」が2日、幕を開けた。1カ月の期間をかけ、氏子らが重さ10トンを超えるモミの木を人力だけで、山から約20キロ離れた上社(茅野市、諏訪市)と下社(下諏訪町)にある4カ所の社殿まで運ぶ。期間中は100万人以上の人出が見込まれている。
 運び出される巨木は1本が直径約1メートル、長さ約17メートル。2日からは巨木を山から町中に運びだす「山出し」が始まった。 

介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃−出入国計画(時事通信)
歯医者でガス爆発!院長は直前まで診察(スポーツ報知)
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働−消費者庁(時事通信)
「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)
<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
posted by タカヤ ヒデオ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

生活保護の女性中傷、市に慰謝料10万円命令(読売新聞)

 車いすで生活し、生活保護を受けていた香川県丸亀市内の女性(60)が、同市福祉課の幹部職員から「わがまま病だ」などと中傷されたことを人づてに聞き、精神的に傷ついたなどとして、市に100万円の損害賠償を求めた訴訟があり、高松地裁丸亀支部の熱田康明裁判官は「精神的苦痛が生じている」などと訴えの一部を認め、市に慰謝料10万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 判決などによると、女性は2007年に同市に転入。生活保護を申請し、いったんは却下されたが、審査請求して認められた。幹部職員は女性の障害の程度を疑って調査を行い、同年10月、担当する相談支援専門員から聞き取り調査をした際、「女性はわがまま病だ」などと話した。女性は専門員を通じて、発言を知った。

 熱田裁判官は、「許容限度を超える表現。直接の発言でなくても、それを知れば、女性の名誉感情が害されることは明らか」とした。新井哲二・同市長は「市の主張が全面的には認められず、遺憾」とコメントした。

雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)
<自民>警戒感強める 財務相「財政健全化法案」検討で(毎日新聞)
オウムと信じた初期捜査、唇かむ公安部元幹部(読売新聞)
<鳩山首相>普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す(毎日新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
posted by タカヤ ヒデオ at 03:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。